確定申告終了

確定申告終了。
今年もたくさんのお仕事をいただきましてありがとうございました。

ところで、確定申告真っただ中の3月13日、Gmailにファイルが添付できなくなるトラブルがありました。
私はこの時期、お客様とメールでのやり取りが多いので本当に焦りました。
あるお客様にGmailで添付ファイルを送ろうとしたら、ファイルが添付できない。
仕方がないので、違うメールソフトで送ったのですが、今度はお客様側でファイルが開けない。(そのお客様もGmailを使っておられます)
もしかして?と思ってコピー機から直接PDFファイルを送ったところ、お客様が開くことはできたのですが、取引先への転送ができなかったそうです。
しばらくしたら復旧しましたが、ほんとに焦りました。

あとで、そのお客様がニュースのリンクを送ってくださったのですが、このとき世界中で同じトラブルが起こっていたそうです。
でもすぐに復旧してよかった。
一日二日でも続いていたら・・・と思うと怖くなりますね。
復旧してくださった方、迅速な対応ありがとうございました

仕事する手が止まった

おかげさまで、只今確定申告でたいへん忙しく過ごしております。
こういう忙しいときはYOU TUBEでJAZZやブルースのピアノ10時間ぶっ通しなどの動画を再生しながら仕事をするととてもはかどりますね。
で、ほとんどの曲は聞き流すのですが、チャック・リーベルさんのHigher Groundという曲は別。これはすごいな
さっそく購入したのですが、ピアノが壊れそうなぐらい強烈でパワフルな曲で、思わず仕事する手が止まってしまいました。

ひな祭り

今日はひな祭りですね。
娘は少し遠くで一人暮らしをしており、家にいないのでちょっとさみしいですが、チラシ寿司とひな祭りケーキでお祝いをしています。

完璧カーナビ

私の車についているカーナビは6年ぐらい使っているので、地図データが古く、新しいマンションなどの住所を入力すると
「そんな番地はありません」
みたいなメッセージが表示されてイライラします。
なので、最近はiPhoneにインストールしたグーグルマップのカーナビ機能を使っているのですが、これがすばらしい!
あたりまえですが、最新の地図データが入っていてBluetoothで車のスピーカーからちゃんと音声で道案内もしてくれます。
しかも、無料!
更に、本日はお客様の新築マンションまで案内してもらったのですが、最寄の駐車場にクルマを止めた後も、iPhoneを持って歩くので、ちゃんとマンション入口まで案内してくれます。
普通のカーナビは車から外して持って歩けないですよね。
ほんと完璧だ

広告

電車に乗ると結構この広告を見ます。
私が所属している近畿税理士会の広告です。
いい広告だ。
私もいつもこういう仕事をしたいと思っております

7つ道具

ちょっと無理やり7つにしましたが、土地評価の七つ道具。

①50メーターの巻き尺
②5.5メーターのコンベックス
③三角スケール
普通の定規   → 100円ショップで買ったルーペ
⑤トレーシングペーパー
⑥土地評価の本
⑦この写真をとっているiphone

以上7つ

あ 失礼、訂正します。
「普通の定規」ではなく、「100円ショップで買ったルーペ」

これがないと私は③三角スケールの目盛りが読めませんので

メッセージBOXセキュリティ強化

今年1月から、e-taxの「メッセージBOXセキュリティ強化」ということで、電子証明書がなければ、メッセージボックスを見ることができなくなりました。
私の事務所の顧問先さんは、私に代理送信を委託していますので、ほとんどの方が電子証明書をお持ちではありません(または持っておられてもe-taxに登録していない)。
なので、困ったことに、申告時期に届く、
「所得税、消費税及び贈与税 申告のお知らせ」
という、例の申告期限や、振替納税日、予定納税額などが書いてある書類を見ることができなくなっているのです。

で、どうすればよいかというと、顧問先さんと私たち税理士の委任・受任関係をe-taxに登録して、「所得税、消費税及び贈与税 申告のお知らせ」を顧問先さんのメッセージボックスから税理士のメッセージボックスへ転送してもらう設定をすればよいそうです。
ネットで調べるとその方法がわかります。

その方法はこちら

昨日、早速このページに書かれている手順通りに登録しようと思い、いつも使っているe-taxソフトを立ち上げたのですが、マニュアルにある、
「受付システム メインメニュー」
の画面がどこにあるのかがわかりません。
例えば、
「委任関係の登録方法(納税者が行う作業)」
の下にある
「税理士の利用者識別番号の登録(PDF形式 276KB)」
をクリックするとマニュアルが表示されますが、その左上に書かれている
「受付システム メインメニュー」
がどこにあるのかがわからなかったのです。

仕方がないので、e-taxヘルプデスクに電話してみると、
「この作業を行うときは、e-taxホームページの「サイトマップ」から
「e-taxソフト(WEB版)または受付システムを利用するにあたって」
をクリックし、手順1~7を実行して、まずe-taxソフト(WEB版)を使えるようにしてください」
と言われました。(あとでわかったのですが、この指示は間違いでした)

私は言われた通り、手順1~7を実行し、e-taxソフトWEB版を使えるようにしたのですが、それでも、「受付システム メインメニュー」の画面がどこにあるかわかりません。

おかしいなと思い、もう一度e-taxヘルプデスクに電話してみると、今度は別の方が対応してくださり、
「すいません、その指示は間違いです。e-taxソフト(WEB版)は不要で、今から言うとおりにしてください」
と言って次の手順を教えてくれました。
(簡単でした)

①e-taxホームページを開く
②下へスクロールして、真ん中あたりにある「メッセージボックス」の下の
「メッセージボックスの確認(受付システムへのログイン)」をクリックする
③次の画面で、利用者識別番号と暗証番号を入力してログイン
④これで「受付システム メインメニュー」の画面が表示されます。

あとは、マニュアル通りに入力していけばOK
①まず税理士がカナ氏名を登録する
②顧問先がご自身の利用者識別番号と暗証番号でログインし、委任する税理士を登録
③税理士が自身の利用者識別番号と暗証番号でログインし、②の委任登録を「承認」する。
以上終わり。

早速、必要事項を入力したら、ある顧問先さんの「所得税、消費税及び贈与税 申告のお知らせ」を見て、予定納税額を確認することができました。

最初のヘルプデスクの方は多分他の何かと勘違いされたのでしょうね。
二回目の正しい方法を教えてくれた方は、
「マニュアルがわかりづらくて申し訳ありませんでした」
と謝っておられました。
とんでもない、ありがとうございました。

これで、ひと安心です。
さあ、いよいよ確定申告シーズン突入だ!