円安


野口先生の円安に関する本で、以前から関心があったのですが、ようやくKndle版が出たので購入しました。
「為替レートとはその国の通貨の価値であり、したがって、日本の経済活動の価値なのである。だから円安とは、日本人の経済活動の価値が低く評価されることである。それが良いはずがないことは、冷静に考えれば分かるはずだ。しかし、それが容易に分からないのが円安の恐ろしいところである。」
と書いておられますが、まさにその通りで、円安は日本にとってとても危険なことであることがよくわかる本です。
日本の経済と財政は引き続き危機的な状況にあり、このままでは日本財政が破綻するとか崩壊するとかいう人がいますが、具体的にどのような状態をイメージしているのか?
株式会社の倒産や、ギリシャの財政破綻と似たような状態になるというのでしょうか?
とすると、これまた多くの人が言うように、日本の借金は債権者が外国人ではなく、日本国民なので破綻することはあり得ないでしょう。
なので、今の日本の財政や経済の危機的状態が招く破滅的な事態というのは、制御不能な超円安になることではないか?
石油や食料をはじめ、あらゆるものについて輸入依存度の高い日本では、円安が進むと物価が上昇し、実質所得が下がる。
名目上の所得も減るし、実質所得ももっと減る。定期預金の価値も減る。
生活できないほど実質所得が減るかも?
日本全体の生産性が低くなっているのに、今まで通りの生活をするために毎年膨大な借金をする。
このツケが回ってくるな。
やばいですね。